ブログトップ > スポンサー広告 > 横瀬町 二子山

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログトップ > 登山 > 横瀬町 二子山

横瀬町 二子山

横瀬町にある二子山にハイキングへ行った時のこと。
芦ヶ久保駅近くにある駐車場に車を停めて、出発!
歩きづらい山道との情報があったので、いつも以上に小股にゆっくりと体力温存しながらカメラをかまえて散策。
奥武蔵はみずみずしい山が多いのでしょうか?
この二子山も潤っているように感じます。
いろんな鳥の鳴き声も聞こえて、日影も多く落ち着きます。
ハイキングを始めてから初めて見た、水場。
飲めるのかな~と話しながら少し休憩をとったあと、不思議な鳴き声が聞こえてきました。
変わった鳴き声だね~と笑いながら、鳴き声を真似してみたりして先を歩いていくと。
主人が一匹のお猿を発見!と思いきや、二匹!
うわ!もしかしたら群れが近くにいるのかも。と思ったら案の定。
先方のいたるところに何十匹ものお猿が、うろうろしているのです。
ひえーっ、熊鈴ならせば逃げるかな?なんて鳴らしてみても、お猿たちは逃げる様子なし!
でも、距離が近づくとささっとその場から立ち去り、一定の距離を保ちながらくつろいでいる様子。
あぁ、山は彼らの住まいだからなぁ。ここは私たちが立ち去るべきなんだろうなぁ。
そんな感じで、刺激しないように恐る恐る山道を進んでいきました。
無事にお猿の群れを通過して、道案内の標識にたどり着き一安心。
カメラで撮影して、よし、もうひと踏ん張り山頂に向かって歩くぞ!
と先に目をやると、目の前の木の陰からヒョイッと顔を出したお猿!
あぁ!!!猿がいる!
引き下がろうとする私とは反対に、え?どこ?と先を行こうとする主人。
お猿は、木の陰から、首をだしたり引っ込めたり。
主人も気づいて、何枚か撮影した様子。
驚いて興奮した私をみて、お猿も興奮しそうだったのでとにかく退散。来た道を引き返しました。
戻るときもお猿の群れを通過、遠くからのお猿の視線が痛い痛い。
なんだか笑われているような気がしました(笑)
水場まで戻り、時間をおいてまた山頂を目指すことに。
おかげさまで、いい運動になりました。

あとで、猿についてネットで調べた結果、猿の群れに遭遇した時はとにかく無視をすることに限る様子。
人馴れしていると熊鈴は効果ないので、猿と目を合わせないように、静かに堂々と存在を意識しないように歩けば大丈夫だったようです。

登山は良い刺激を受けるのでこれからも山を歩きたいです。
なので山に住む生き物たちの邪魔にならないように配慮できる山歩きを学んでいかないとですね。

お猿に遭遇した時は、カメラで撮影なんて心の余裕はなかったので、
あの時の記憶をイラストで残すことにしようと。
猿に遭遇

この二子山も熊が目撃されたの表示がありました。
確かに、熊が引っ掻いたと思われる傷がついた木が何本かありましたが、かなり古いものなので今はいないのかな?
こういう穴で生活してたのかな?と想像してみると、こわい・・・。
R0012594.jpg

雄岳から武甲山を眺める。その奥には両神山が薄っすらと見えました。
R0012585.jpg
撮影:RICOH GR DIGITAL III

今回歩いたルート
スポンサーサイト

トラックバック

トラックバックURL: http://chikuwamura.blog135.fc2.com/tb.php/135-2310b118

profile

☆32☆

Author:☆32☆
☆32☆と書いて、ミツと申します☆
2010年にPENTAXのK-xを購入しカメラデビュー。
2011年にRICOHのGRDⅢ、2012年にSONYのNEX-7が仲間入りしました。

fc2counter
freearea
にほんブログ村ランキングに参加しています。
link

☆写真やイラストの素材がたくさんある方におすすめ☆
写真素材-フォトライブラリー

☆使用しているミラーレスカメラ☆

☆使用しているコンパクトデジタルカメラ☆

フォトで日記をリンクに追加する
archive
category
form
rss
qrcode
QR
trackback
comment
link
copyright
Author by ☆32☆

Designed by マンゴスチンw

フォトで日記
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。